無料ブログはココログ

S88

センサー等

2020年2月28日 (金)

ミント缶で自動運転その6

S88増設

  ミント缶IV-R1.6の基板が発注から1か月半を過ぎても届かず、やる事が無くなってしまったのでセンサーディテクタのチャンネルをS88で増設するスケッチを作りました。1台目のセンサーディテクタ基板をマスターモードに設定して2台目以降にLOADとCLK信号を送り、dataInポートから増設基板のセンサーの状態を読み込みます。やるべき事は単純なのに、勘違いから完成までに大幅な労力を強いられました。

 

増設スケッチ

  先ず陥ったのが割り込みで、DSsoftからコマンドを受信したら自動でマスターモードにしたくて、attachInterrupt(...で設定したINTを割り込み禁止にして出力ポートに変更するのですが、ここで必ずフリーズします。これには回避方法が見つからず予めEEPROMで設定する事にしました。
  次に混乱したのがsensor_valueからtransfer_valueにコピーする箇所で、S88対応前のsensor_valueをクリアするコードが残っている事に気づくのに手間取りました。
  最後の疑問はDSsoftのgetS88()に返す応答です。HEX表記にすべきことに暫く失念していました。接続数2以降の応答がうまくいかず、最大CHは16で十分と勝手に決めて接続数を1のみ限定にしました。接続数2以降は全てオフ表示です。

Sensorbord_x2_2

 

修正基板

  手前の基板が修正後で Arduino nanoの向きを反対にしましたので、S88で接続する時は6芯のフラットケーブルが基板を跨ぐ事になります。配線が込み入るので単純に基板一枚の4チャンネルに限定するのが賢明かもしれません。

 

2017年7月 4日 (火)

センサーレールリベンジ

挫折タイプ

  1. ATtiny841を使用したセンサー基板ですが、盤間配線はハーネス作成の利便性を優先してフラットケーブルにしました。リボンケーブルが目立ちますが、それ以上にヘッダーの大きさが目に付きます。
  2. 基板を2枚構成にしましたが、道床内の配線が大変で、Bトレにデコーダを組み込む以上に難易度が上がり、出発信号は省略を余儀なくされました。

Sensor_old

リベンジタイプ

  1. 先ず2枚の基板を共用にして、基板作成コストを半減します。
  2. 道床内の配線を最小限にし、盤間配線のコネクタは日圧の1.5mmまたは2mmを検討しています。
  3. スケッチの書き変えで、S88による外部制御とスタンドアロン動作どちらでも使える設計にします。
    (DCCfestで展示したバスコレはスタンドアロンモードでした)
  4. スタンドアロン動作では、+5V供給用にスマイルデコーダを1台使用します。
    (DCCパケットのSpeedで「停車」判定、DIRで「てこ」制御にも使います)
  5. 信号機コネクタをセンサーコネクタ共用にして、道床の加工無しでセンサーの設置を可能にします。

Sensor_new

2017年3月12日 (日)

センサーレール

Yaasanさんに名付けて頂いた「センサーレール」ボードの動作テストを行いました。

Ds_s88test

S88NのRJ45コネクタには、自作のケーブルで接続して、DesktopStationソフトでモニタしました。フジガヤさんのS88 DetectorのDataIn接続テストもOKでした。

ファイントラックユニトラックへの組み込みはこんな感じ...

Sensor_rail

フォトセンサーの向きを間違えたので、鉄道模型市までに基板を作り直さないといけません。