無料ブログはココログ

旅行・地域

2019年5月 6日 (月)

ローカル線の旅

子供の日だと言うのに、おっさん二人でいすみ鉄道ー小湊鉄道乗り継ぎの旅に行きました。大原文化センターを表敬訪問した後、始発駅の大原駅へ。
Photo

乗車したのはキハ52。どこかで聞き覚えのある車体と思ったら、ROKUHANに製品がありました。撮り鉄さん達が大勢取り囲んでいて写真はありません、と思ったら一枚だけ、マスコンを撮っていました。昔懐かし縦型の2ハンドルです。
Kiha52

車内の走行音は平坦な地形のためか、ノッチオンで「グオーッ」ノッチオフで「グゥーゥ」と単純な音の繰り返しです。車外ではもっと複雑な音がしてると思いますが、スマイルデコーダで再現しやすい走行音かなと思いました。力行ノッチと同期すると運転している実感が湧きそうですね。タイホンは「ピーッ」じゃなくて「パー」の方でした。

上総中野駅で小湊鉄道に乗り継ぎ、同行者の強い希望でお隣の養老渓谷駅で下車。渓谷を散策しました。鉄道の風景じゃないけど、何処かジオラマ的な雰囲気があります。
Photo_1
養老渓谷駅近くに撮影スポットで有名な「石神の菜の花畑」が、菜の花は終わっていて此処でも写真は撮っていません。その先に「千葉ニアン」の逆転地層があるのですが、時間が足りなくて行きませんでした。

駅舎脇のベンチで仮打ち上げした後、再び小湊鉄道に乗車。終着駅近くで珍しい駅名を発見。ネット検索してみたら「海士」は漁夫の事。「有木」は元は蟻木、その語源は不明でした。
反射する窓ガラスにピントが合ってしまい漢字名がはっきりと読めません。
Photo_2

Photo_3

長旅もついに終点。夕暮れ時はよりローカル線色を感じるのは気のせいでしょうか。