無料ブログはココログ

« DCCアンケート | トップページ | C-SizeDCC 改訂版6 »

2022年1月19日 (水)

チビロコをDCC化

チビ客車動力ユニット

暫く模型から遠ざかって放置していたら、C-SizeDCCのArduino Nano Everyが壊れました。アクセサリデコーダを交えたアナログ車両の自動運転が出来なくなりましたが、原資をEveryの買い足しに回せないので、予定していないチビロコを渋々DCC化する事にしました。車両の分解は面倒なのでお勧めしませんが、参考までに概要をお伝えします。
チビロコ客車の分解は下記のURLを参考にしました。
http://kyukoyoshinogawa293.blog.fc2.com/blog-entry-655.html

手順は

  1. カプラーポケットを外す
  2. 下回りカバーの先端を持ち上げて外す
  3. スタビライザーごと車軸を外す
  4. ダイキャストブロックを取り出す
  5. モータのリード線から集電板をハンダゴテで外す
  6. モータのリード線にデコーダへのピンフレームを取り付け
  7. 集電板にデコーダへのリード線をハンダ付け

片側3か所のツメ(写真白丸)が固いので時間を掛けて慎重に外しました。そして両サイドのツメの隙間からモータと集電版のリード線を通します。スペースが無くて皮膜の薄い外形0.5mmの耐熱線でどうにかツメがハマりました。

11110

デコーダは、なごでんさんの SmileDecoder R6nを使い、ネットで拾った坊っちゃん列車の汽笛をWAV変換して組み込みましたが、納得のいく汽笛を再現出来なかったので、ワンコインデコーダに変更しました。

Chibi_oneco

 

« DCCアンケート | トップページ | C-SizeDCC 改訂版6 »

車輌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DCCアンケート | トップページ | C-SizeDCC 改訂版6 »