無料ブログはココログ

« 2021年12月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年1月

2022年1月29日 (土)

Wio Terminal

Wio 端末


Seeeedstudioの端末が、Desktop StationのYaasanさんから届きました。「遊び道具」との事なので遊んでみました。

Home_20220129130101 Loco_20220129130101


単に、ミント缶の画面をWio Terminalに表現しただけです。モータードライバーを繋いだら、手動操作の世界最小DCCコントローラが出来そうですが、ニーズは分かりません。
5 Way Switch は、端っこを押しても真ん中のPressが押されてしまい、横から押さなければならず、スピードコントロールはむずかしいかもしれません。

2022年1月22日 (土)

C-SizeDCC 改訂版6

アドレス設定方法を修正

久しぶりに手動運転したら、操作方法を忘れて、アドレス設定モードのままファンクションのつもりでテンキーを押してアドレスが変わってしまいました。取説では「[ADR]ボタンで確定」としているのに、そうなっていないので修正しました。

テンキーでアドレス3を10に
Tenkey10

ファンクション操作
Function0

アドレス操作に戻すと3のまま、先ほどのファンクション操作も3が対象です。
Addr3_20220122192501

テンキーでアドレスを10にして[ADR]ボタンで確定
Tenkey10 Addr10

修正スケッチ
CsizeDCC_f.zip rev06

 

2022年1月19日 (水)

チビロコをDCC化

チビ客車動力ユニット

暫く模型から遠ざかって放置していたら、C-SizeDCCのArduino Nano Everyが壊れました。アクセサリデコーダを交えたアナログ車両の自動運転が出来なくなりましたが、原資をEveryの買い足しに回せないので、予定していないチビロコを渋々DCC化する事にしました。車両の分解は面倒なのでお勧めしませんが、参考までに概要をお伝えします。
チビロコ客車の分解は下記のURLを参考にしました。
http://kyukoyoshinogawa293.blog.fc2.com/blog-entry-655.html

手順は

  1. カプラーポケットを外す
  2. 下回りカバーの先端を持ち上げて外す
  3. スタビライザーごと車軸を外す
  4. ダイキャストブロックを取り出す
  5. モータのリード線から集電板をハンダゴテで外す
  6. モータのリード線にデコーダへのピンフレームを取り付け
  7. 集電板にデコーダへのリード線をハンダ付け

片側3か所のツメ(写真白丸)が固いので時間を掛けて慎重に外しました。そして両サイドのツメの隙間からモータと集電版のリード線を通します。スペースが無くて皮膜の薄い外形0.5mmの耐熱線でどうにかツメがハマりました。

11110

デコーダは、なごでんさんの SmileDecoder R6nを使い、ネットで拾った坊っちゃん列車の汽笛をWAV変換して組み込みましたが、納得のいく汽笛を再現出来なかったので、ワンコインデコーダに変更しました。

Chibi_oneco

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年4月 »