無料ブログはココログ

« 対向運転2 | トップページ | ミント缶の進行方向転換 »

2021年10月16日 (土)

対向運転3

RailComで在線検知

コントローラのアドレスを運転前に自動選択出来ると都合がよいので、在線検知ダイオードをRailComアドレスリーダーに置き換えました。ところが、C-SizeDCCが不定期にリセットする謎の現象が。電源に異常は無く、I2Cを全く行なっていないのに何故かです。

Reset_20211016161401

止む無く、OLEDが老眼にキツいミント缶を久しぶりに掘り出したら、全く現象が出ず自動運転を継続出来ています。自動運転開始前に運転停止ボタンを押すと、RailComで読み出したアドレスでミント缶のアドレスを設定します。

Ontrackbidi

頻発するケアレスミス

どうせ捨てる基板だと、いい加減にパターンカットしたり頻繁に部品を換えたりで、基板に加わったストレスで動作が不安定。おまけに自作のI2C接続コードの断線も加わり、3か月惰眠を貪り、ようやく動作が安定しました。

対向運転

ミント缶の選択アドレスと自動運転のアドレスが重複した場合の排他的処理は行っていませんので、RailComを使った2列車対向運転スケッチは作っていません。ミント缶2台接続の時はスロットル側を無効に、自動運転の場合はミント缶を無効にしたいので、排他的処理は今後の課題です。

 

« 対向運転2 | トップページ | ミント缶の進行方向転換 »

自動運転」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。