無料ブログはココログ

« リバース運転その2 | トップページ | C-SizeDCC モード選択 »

2021年7月31日 (土)

OneCoin for KATO Loco

氷河特急をDCC化

C-SizeDCCコントローラでアナログ動力車の自動運転を楽しんでいて、車両のDCC化は放棄していますが、OneCoinDec6をポイントデコーダ化するため、久しぶりにPICKit2を掘り出したので、同時にOneCoin for KATO Locoを組み立てました。再頒布が開始された時に基板を購入していたのですが、ヘッドライトのLEDパッド位置がきつくて諦めていました。

Onecoinforkato

集電パッドを少し削って前方に移動するとLEDのスペースを確保できそうなので、GE4/4に組み込んでみました。F0、走行ともに良好で、R140をぎりぎり通過しました。

Ge4_4

 

« リバース運転その2 | トップページ | C-SizeDCC モード選択 »

デコーダ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。