無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月21日 (火)

C-TypeサイズMM/DCCコントローラその2

C-Typeサイズコントローラ基板

アナログ動力車で自動運転したくて基板を作っちゃいました。

Ctypesize

『OCSで送ったけど2-4週かかるよ』とElecrowからメールが来ましたが、翌日に配達されました。因みにFusionPCBはシンガポール便を解除してJapan Direct Lineに切り替えたそうです。10日で届くようなので次に基板を作る機会があったら試してみようかと思います。
メイントラックはアナログモードなので信号機デコーダはデジタル専用端子から供給してます。

Dualmode

自動往復運転妄想スケッチ

単純な直線レールだけでなく、リバース線とエンドレス線でも可能なスケッチを妄想してます。たぶん妄想から目覚める筈なのですが...。

 

2020年7月10日 (金)

ミント缶IV生存報告3

ALTOIS互換サイズ缶の蓋その後

ミント缶IV-R1.6キットに付属する予定だった1mm厚ナイロンワッシャはAliexpressから取引終了の通知が来て入手不能になったので、3.5mmHは諦めて5mmHのスペーサ付属を継続する事にしました。IICプラグが干渉しますので蓋の一部を削り取ります(赤曲線)。IIC通信を使わなければコネクタ実装と穴開けは不要です。

Spacer_5mm

ユーザさん情報

ミント缶ユーザさんから「ヨーグルトの空き箱がピッタリサイズだ」との情報を頂戴していたので試してみました。我が家で購入しているのはテーパーがかかった容器で蓋が大きいので底部だけ使い、アクリサンデーのPET板をカットしてカバーにしました。なんだか昭和の風呂桶みたいです。

Bulgaria

カバーでスビード可変ダイヤルを操作出来ませんので、外付けボリュームを使いました。可変ダイヤルは品質が良くありませんが、限られたスペースのテーブル上で操作性が良い事に気が付きましたので、外付けボリュームのオプションは用意しません。アイテンドーの通販で入手してください。ボリューム用のブレークアウト基板は通販のみで店頭での取り扱いがありません。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »