無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月24日 (水)

C-TypeサイズMM/DCCコントローラ

部品の行方5

届いたのは空缶だけ、中身の部品は遂にconfirmの期限が切れて取引終了の通知が来ました。返金を選択したら「送ったのだから待ってろ」のメッセージが出て返金は受け付けてもらえません。電子工作がやり難くなりました。

Can

C-Typeサイズコントローラの修正

  1. トラックのモードはジャンパでアナログに切り替えますので、Nmraの定義に従ってアドレス0でもDCCパケットを出力する様に変更しました
  2. デジタル専用の出力はポートとドライバー入力が入れ子でスケッチが混乱するのでIN1とIN2を入れ替えました
  3. SOPチップのキャリア基板を部品表に追加しました

2020年6月14日 (日)

ノラミント缶改めC-TypeサイズMM/DCCコントローラ

部品の行方4

そろそろOLEDが届く頃かもしれないので残りの部品を秋月に注文しようかと思いましたが、口座に穴が空きAliexpressから延滞金3円!の請求が来ました。没記名の彫刻代や法要費、実家の永代供養費など出費がかさむので、給付金が届くまで当分見合わせです。お急ぎの方にはC-Typeの自作をお勧めします。

ポート選択を変更

リバース自動運転スケッチに上下信号機6台を追加する計画ですが、省配線のため全てをトラックから給電したいのでアナログ専用のメイントラックはミント缶と同じアナログ/デジタル切換えに戻し、アナログモード時のみデジタル専用にD4,D5を使う仕様に変更します。
fujigaya2さんのブログに怖いレポートが上がっていましたので、安全のため5Vレギュレータを追加しました。Arduino nanoのオンボードでは放熱が厳しく、自動運転基板の外部接続も考えるとVin=12VではPdがきついです。ミント缶IVでもレギュレータが40℃まで上昇してPd maxが低下します。

Schematic2 Board2

相変わらずロジックレベルでの動作確認だけですが、アドレス登録とCV操作を追加した暫定スケッチをアップします。DSCoreにCtypeフラグを追加して、アナログモードの時はパケット出力をD4,D5に切り替えます。

ダウンロード - ctype_dcc.zip

部品表

Ref Value Qty Code Price
C1 220uF35V 1 P-11758 10
C4-7 1.0uF 4 P-04066 100
CN1 MJ-4PP-9 1 C-06070 50
J1 DC Juck 1 C-09408 30
JP2 2x4P(5P) 1 C-13635 15
Jumper pin MJ-254-6BK 1 P-03687 100
MD1 Arduino nano Every 1 M-14848 1,500
TB1,2 WJEK254-2.54-02P 1 P-14217 50
U1 TA48M05F(SQ) 1 I-00451 100
(*1)(C2 0.1uF 1   )
(*1)(C3 47uF35V 1   )
U2 TB67H450FNG 1 I-14967 115
U4 TB6643KQ 1 I-07688 280
(*2)S1,2 FHU-1x42SG 1 C-05779 80
VR1 RK0971221 1 P-03036 250
Knob ABS-28 1 P-00253 20
PCB CType 1 P-00517 60
sub PCB AE-SOP8-DIP8 2 P-05154 100
合計 2,860
(*1)I-00451付属品
(*2)パネルオプションを使う場合はC-03138を推奨
CVリードオプション
U3 ACS711 1 I-12267 240
C8 1nF 1 P-04062 100
パネルオプション
Clear Panel   2 P-09853 240
Spacer 14mmH 1 P-01861 50
S1,2 1X15P(20p low profile) 2 C-03138 120
総計 3,510

※純正のArduino nano EveryをAliexpressのArduino nano互換機に置き換えると1,000円以上圧倒的に安くなりますが、現在の入手性は分かりません。

2020年6月11日 (木)

ミント缶IV生存報告2

ALTOIS互換サイズ缶の蓋

ミント缶IV-R1.6から互換サイズ缶を付属する事にしましたが、オリジナル缶に比べて蓋が深く5mmHの基板スペーサではIIC通信コネクタが当たります。

Spacer

部品の行方3

止む無くナイロンワッシャとナットで3.5mmのスペースとする事にしましたが、Aliexpressに発注した部品は4月の始めに原産国を出発した後行方知れずで未だに届きません。OLEDも早く届く事を願っています。
その間にミント缶IV-R1.6bの基板が届いていましたので動作確認のため手持ちの残り部品で完成品を作りました。速度調整ボリュームはダイヤル式に変更して突起を無くしたので基板固定ネジ頭を外に出すのも嫌って、自作の樹脂ブロック2箇所で基板を仮止めしました。

R16_spacer

スケッチを修正中

C-Type手作りコントローラでアナログロコを主体に運転する計画なので、自動運転スケッチの再整備を始めました。これに合わせてミント缶IV-R1.6のスケッチも一部修正が進行中です。

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »