無料ブログはココログ

« ノラミント缶 | トップページ | 自動運転の応用例 »

2020年5月 4日 (月)

ノラミント缶2

C-Type手作りDCCコントローラ


ミント缶サイズではなく、秋月のC-Type基板サイズなので仮ですが名称変更です。Arduino nanoを使うので試作の自動運転基板にスケッチを書き込んで、ロジックレベルのDCCパケットが出る事を確かめました。ボタンは省略してF0、F1だけです。


Test_nano


アドレス設定


ミント缶IVのアドレス登録機能を作り変えてDesktop Station Softでアドレスを設定しました。CVモードを使ってデコーダ書き込みも出来そうです。SMT変換基板でACS711を実装すれば実際のCV読み出しも出来ると思います。


Mintcan_nano_cv


 

« ノラミント缶 | トップページ | 自動運転の応用例 »

コントローラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノラミント缶 | トップページ | 自動運転の応用例 »