無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月26日 (日)

ノラミント缶

ユニバーサル基板でミント缶

Aliexpressからの部品はショップの発送後未だに届く気配がありません。OCSも停止しているそうで、基板の追加発注も見合わせています。ミント缶IVーR1.6の頒布再開がいつになるのか見通しが立ちません。緊急の策として秋月電子の部品だけを使ってユニバーサル基板で出来るか考えてみましたが、部品代が3,000円超えで手作りのメリットが薄いです。そこで表示を止めて価格の削減を考えました。

  1. 表示を無くしアドレスは半固定
  2. ボタンの数は変更しない
  3. スロットルは安価なボリューム+方向切換えスイッチで代替
  4. I2C通信で本体の機能を補う(外部キー、センサーディテクタ自動運転)
  5. C-Type基板サイズ
  6. ArudinoNanoでスケッチ書き込みを簡単にする

部品表

Ref Value Qty Code Price
C1 220uF35V 1 P-11758 10
C2 1.0 1 P-04066 20
J1 18742 DC jack 1 C-09408 30
TB1 TB111-2-2-E-1-1 1 P-02333 20
M1 Arduino nano Every 1 M-14848 1,500
SW1 TVDP01-G73BB(赤) 1 P-09825 10
SW2-6 TVDP01-G73BB(黒) 5 P-09824 50
S1 2212S-20SG 2 C-03138 120
U1 TB6643KQ 1 I-07688 280
VR1 RK09D117000B 1 P-14827 60
PCB C-Type 1 P-03229 60
Total 2,210

注:S1はArduino nano用のロープロファイルピンソケットです。C基板用アクリルパネルを使う時は高さを抑えないとボタンが押せません。Arduino nanoのピンプラグは長い方をハンダ付けして短い方をピンソケットに差し込みます。

回路図

Mintcan_nano_sch

部品配置の例

Mintcan_nano_left

手配線ですから配置もルーティングも自由です。

スケッチ

ニーズが有るかどうか分かりませんのでスケッチは手を付けていません。

 

2020年4月 6日 (月)

ミント缶IV生存確認

R1.6完売

手持ちの基板4枚のみの頒布で一夜にて完売です。入荷待ちの方のご希望に添えず大変申し訳ございません。次回の入荷は未定な状況です。

 

基板スペーサー再考

今回は厚さ4mmのクッションゴムの代わりにH=5mmのスペーサーを付属しましたが、うかつにもIICコネクタが上蓋に当たる事に気付きませんでした。

Sapcer2

 

今後のためにプラねじ + ナットで4mm浮かす事を検討しています。底板に穴開けして基板を固定する場合、4mm高さの市販スペーサーはありませんので平ワッシャーを重ねるなどの工夫が必要です。

Sapcer2

 

アクリルのトップカバーも課題ですが、OLEDにロープロフィルソケットを使用してもピンプラグを1mm切り詰めなければなりません。且つ10mmポストも1mmかさ上げが必要、電源スイッチも浮かしてハンダ付けするなど難題山積みで、ALTOISサイズ缶を用意しただけでは課題を解決する事が出来ていません。

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »