無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月10日 (日)

老眼の味方

1.3インチOLED

  ミント缶IVのOLEDを1.3インチ化するご要望を頂いていますが、基板に固定出来ないので自己責任でお願いしています。実例が必要かと思い、秋月電子のポリカーボネートケース117-中[P-00358]に入れたミント缶IVで1.3インチOLEDを固定してみました。
  部品の高さを調整して上蓋付きのケースに入れるため、10mm六角ポストにスペーサを追加して、高さを11mmにして基板を上蓋に固定しました。OLEDは7ピソケットを秋月電子のロープロファイル型[C-00173]に交換して、11mmの隙間に納めます。220uFの電解コンデンサも横に寝かせています。

Lowprofile

mintcan r1.30 スケッチ

  ミント缶IV-R1.3でスケッチの変更を機会にOLEDのサイズを切り替える機能を追加しました。SELボタンを押しながら電源スイッチを入れる度に0.96インチと1.3インチを交互に切り替えます。

0led096

0.96インチモードのままでは画面全体が左に移動しています。

0led13

1.3インチモードに切り替えると正常に表示します。

2019年2月 6日 (水)

ミント缶Ⅳ-R1.3

5Vレギュレータを変更

  TA78M05Fが生産終了で暫く休眠していたミント缶Ⅳですが、TA48M05F(SQ)に変更してR1.3として頒布を再開します。2.5V、3Vの低電圧をシリーズに加える事が78M終了の理由と思われます。データーシートと0.1uF、47uFのセットで販売されています。部品価格が上昇したのでキット頒布価格を100円アップして4,200円に変更します。

I00451

Cout(C3)に33uF以上が指定されている為、実装に注意が必要です。在庫基板が完売するまでの暫定処置です。

Ta48m05

スケッチを変更

 

ミント缶ⅣでI2C通信でご紹介したIIC接続機能を組み込むと、フラッシュエリアが不足するのでスケッチをダイエットします。メモリ節約と共に不評の操作方法も変更しました。
1. OLEDフォントから小文字を削除してメモリを節約
2. 老眼の味方1.3インチOLEDモードを追加
  (固定が出来ませんのでOLEDの入手と装換は自己責任でお願いします)
3. 画面切り替えが分かり難いと不評なのでアクセサリデコーダはルート操作のみとした
4. 256以上のアクセサリアドレス書き込みモードを追加
5. 進行方向表示をアイコンから"FWR"、"REV"に変更
6. 在庫基板が未対応のため、暫定的にスケッチのみ先行でスロットルモードを実装
  (ミント缶Ⅳ専用IICコマンドに対応したテンキーの自作などにご利用ください。IIC接続用のコネクタ[MJ-4PP-9 C-06070]は付属しません。)

ファンクション操作画面

Function

ルート操作画面

Route

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »