無料ブログはココログ

« ミント缶Ⅳのケース | トップページ | ミント缶Ⅳにオプションモードを追加 その3 »

2018年8月11日 (土)

ミント缶Ⅳのケース その2

本命ALTOIS缶の例

  金属加工ですが板厚が薄いので穴明けやヤスリ掛けにさほど時間を要しません。むしろ油断して削りすぎに注意です。所要の寸法で丸穴を開けフィーダコネクタだけヤスリで角穴に加工します。一番面倒なのが上蓋の切り欠きなので、蓋が締まらなくてよければ省略します。 pdfファイル

Mintcan_template

Mintcan_template_2

ミント缶Ⅳキットの部品構成

  ALTOIS缶収納を前提に部品を選定します。117中樹脂ケース収納と部品の共通化は不可能です。樹脂ケース収納はサポートせず、推奨ケースはALTOIS缶のみとして部品を準備し、近々に頒布を開始する予定です。キットの頒布価格は4,100円で旧版より1,000円アップです。

追記

  速度ボリュームの回転防止爪穴(写真赤〇)は開けず、1mm厚のスペーサを挟みました。ミント缶手前の縁に近いボタンを少しでも押しやすくする為です。型紙はこの位置に合わせています。

Spacer

« ミント缶Ⅳのケース | トップページ | ミント缶Ⅳにオプションモードを追加 その3 »

コントローラ」カテゴリの記事

コメント

追加有償オプションで、多少高くてもマスコンオプションキットも希望。
やっぱり、アナログボリュームよりも、マスコン風にいじれるのは、強力です。相当、欲しい人は多いと思います。

コメントありがとうございます。
マスコン風は基板の構造とロータリーエンコーダのハンダ付けがマニアックで、無事に完成出来る人は限られると思います。完成品の頒布が前提ですが、私自身完成品を量産する自信が無く、構造修正の妄想の中から脱出できていません。どこかで妥協して、希望者のみクレーム無しを条件にキット頒布も可能なレベルにどうにか追い込みたです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604074/67045898

この記事へのトラックバック一覧です: ミント缶Ⅳのケース その2:

« ミント缶Ⅳのケース | トップページ | ミント缶Ⅳにオプションモードを追加 その3 »