無料ブログはココログ

« 秋葉原からビッグサイトへ | トップページ | ミント缶Ⅳのケース »

2018年8月 5日 (日)

DCC用の電線

DCC用電線の配色

  デコーダの配線にはサイズが最適なサンコー電商の"AWG30 6色"を使う事が多いのですが、NEM651、NEM652共通の橙と灰色がありません。

6

電線の入手先

  DCC館さんがレポートされたタイガー無線。昔はオヤイデさんと同じくらい通っていた店ですが、近年はラジオセンターに立ち寄る事が皆無ですっかり忘れていました。久しぶりに覗いた店頭でAWG30の表記を見つけて速攻買いしましたが、帰宅して実測したら外形がなんと1.2mm。千石電商のAWG28より0.25mm太いです。三山電線製だそうですが、AWG表記ってこんなに差があるとは知りませんでした。
  導体構成は千石が0.1mm x 7、タイガー無線は0.09mm x 7。限りなくAWG28に近いAWG30です。そのうえ仕上がり外形はAWG28より太いなんて。

Photo_4

  サンコー電商さんは50m単位なら他の色を仕入れてもらえるそうですが、とても使い切る長さではありません。DCC配色は諦めるか、千石電商には無いけどAmazonで見つけたサンコー電商"AWG32 10色"を発注するかです。でもAWG32はちょっと細くて心もとないんですよね。

« 秋葉原からビッグサイトへ | トップページ | ミント缶Ⅳのケース »

デコーダ」カテゴリの記事

コメント

AWG30はちょっと太く感じ始めたので、AWG32に移行中。
http://dcc.client.jp/wire.html

AWG32ですけど、マルツに10色の電線売っています
https://www.marutsu.co.jp/pc/i/8091/


ちなみに、AWG30 10色600円はタイガー無線さんで購入ですか?

私はAWG32からAWG30に移行しました。目下NEM651コネクタのみにして線材レス化を妄想中。配線しないと組み込めない車輛はアナログに戻すか廃車にする予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604074/67025278

この記事へのトラックバック一覧です: DCC用の電線:

« 秋葉原からビッグサイトへ | トップページ | ミント缶Ⅳのケース »