無料ブログはココログ

« 鉄道模型市 | トップページ | Bトレのヘッドライト »

2018年5月 8日 (火)

ミント缶Ⅳ試作

ミント缶キットR1c完売御礼

  ミント缶DCCコントローラR1cが完売しました。皆様ご協力ありがとうございました。次回の出荷からミント缶Ⅳに変わります。

ミント缶Ⅳを試作中

  なんでⅣ(?)Ⅱ、Ⅲは何処へ行ったと思われるでしょう。その理由は、
1. アドレスを4桁に拡張した事を主張するためⅣにしました
2. ミント缶基板、実は初代、青色基板のR1、大幅コストダウンしたR1c、そして今回は4代目にあたります

Mintcan4

  カオスな写真です。ミント缶と呼ぶにはALTOIDS缶に入る事が必須ですが、入手し難い、加工が大変などでプラスチックケースに収納する方も多い様です。基板の長さを1mm縮めて秋月電子の117-中に納まるサイズにしました。頒布形態をどうすべきか未だ方向性が定まりません。

有機EL(OLED)

  世界最安を諦めOLEDを採用しました。他にも単価がかさむ部品があり、頒布価格は大幅にアップする可能性が高いです。

  表示をOLEDにしたらタクトスイッチが窮屈になりましたが、慣れとは恐ろしいもので一部を表示の左に移動すると動線が伸びて操作性に馴染めず、従来の位置のままです。但しF0をSELに変更したのについF0を押してしまうので、SELの位置を入れ替えました。

  OLEDは7セグLEDと比較して情報量が大幅に増えました。特に速度設定表示は助言を頂いてバー表示にしたらOLEDらしさが際立ちました。二段や三段表示にすればより細かなステップを表示できますが、難しそうなので見送っています。

Oled

複数アドレスのサポート

  残るテーマはアドレス切り替え時の速度設定です。アドレス個別にステップとファンクション情報を保持するにはメモリが足りません。ファンクションはビットに割り当てて少しダイエット出来ましたので、2アドレスだけでも共有できればと思っていますが未だアルゴリズムが出来ていません。

  基板CADをDS PCBに変更して最初のプロトタイプ基板はケアレスミスで失敗しました。作り直してうまく行ったらモニターを募集しますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

« 鉄道模型市 | トップページ | Bトレのヘッドライト »

コントローラ」カテゴリの記事

コメント

S88-Nコネクタは付きますか?
DSmainやDSシールド用の追加用コントローラーとしても使えるなら良いなと。

ミント缶は手動運転専用でS88は実装しませんが、I2C用にコネクタを付けるパターンを用意しました。I2C通信はオーバーヘッドが大きくてパケット生成に影響しますがスロットル専用なら実用に耐えるかなと思います。未だ試したことが無く、これからの課題です。

ミント缶のS88-Nは自動制御用ではなくDSmainからジョイスティック用として、
fujigaya2さんのS88 Masconみたいなスロットル制御の為に必要
という意味合いで書きました。

S88にこだわる理由はLANケーブル1本で繋ぐことが出来るお手軽さ。
I2C通信だとまだ前例が無いのと、
DSmainに繋ぐ方法が難しくなるのが理由です。
PCとの接続はDSシールドやDSmainに任せて商品の差別化を計る。
既にDSmainを保有しているユーザーでさえ、ついでに1台欲しい!
と思わせる商品であることが理想です。

4桁アドレス、28FX対応でPC接続不要の単独操作
金額は5000円未満が理想(できれば)
次世代ミント缶はDCC普及の起爆剤になり得る存在なので、
金額の安さにこだわるよりも性能面で妥協しないで欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604074/66698304

この記事へのトラックバック一覧です: ミント缶Ⅳ試作:

« 鉄道模型市 | トップページ | Bトレのヘッドライト »