無料ブログはココログ

« 鉄道模型市 | トップページ

2018年5月 8日 (火)

ミント缶Ⅳ試作

ミント缶キットR1c完売御礼

  ミント缶DCCコントローラR1cが完売しました。皆様ご協力ありがとうございました。次回の出荷からミント缶Ⅳに変わります。

ミント缶Ⅳを試作中

  なんでⅣ(?)Ⅱ、Ⅲは何処へ行ったと思われるでしょう。その理由は、
1. アドレスを4桁に拡張した事を主張するためⅣにしました
2. ミント缶基板、実は初代、青色基板のR1、大幅コストダウンしたR1c、そして今回は4代目にあたります

Mintcan4

  カオスな写真です。ミント缶と呼ぶにはALTOIDS缶に入る事が必須ですが、入手し難い、加工が大変などでプラスチックケースに収納する方も多い様です。基板の長さを1mm縮めて秋月電子の117-中に納まるサイズにしました。頒布形態をどうすべきか未だ方向性が定まりません。

有機EL(OLED)

  世界最安を諦めOLEDを採用しました。他にも単価がかさむ部品があり、頒布価格は大幅にアップする可能性が高いです。

  表示をOLEDにしたらタクトスイッチが窮屈になりましたが、慣れとは恐ろしいもので一部を表示の左に移動すると動線が伸びて操作性に馴染めず、従来の位置のままです。但しF0をSELに変更したのについF0を押してしまうので、SELの位置を入れ替えました。

  OLEDは7セグLEDと比較して情報量が大幅に増えました。特に速度設定表示は助言を頂いてバー表示にしたらOLEDらしさが際立ちました。二段や三段表示にすればより細かなステップを表示できますが、難しそうなので見送っています。

Oled

複数アドレスのサポート

  残るテーマはアドレス切り替え時の速度設定です。アドレス個別にステップとファンクション情報を保持するにはメモリが足りません。ファンクションはビットに割り当てて少しダイエット出来ましたので、2アドレスだけでも共有できればと思っていますが未だアルゴリズムが出来ていません。

  基板CADをDS PCBに変更して最初のプロトタイプ基板はケアレスミスで失敗しました。作り直してうまく行ったらモニターを募集しますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

« 鉄道模型市 | トップページ

コントローラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604074/66698304

この記事へのトラックバック一覧です: ミント缶Ⅳ試作:

« 鉄道模型市 | トップページ