無料ブログはココログ

« 両極性化基板 | トップページ | 鉄道模型市 »

2018年4月 5日 (木)

両極性化基板その2

レンツスタンダード

  デコーダのパッドは8pでNEM652プラグ付きです。

Lenz_standerd

  両極性化基板とは#2-L1、#6-1、#7-12Vに接続、デコーダのF(+)も12Vなので制限抵抗を介してライト基板に繋ぎました。無事点灯し、ヘッドライトとテールライトも正常に切り換わりました。キハに組み込むのは動力部の大改造になりそうなので、当分見送りです。

Test

 

基板実装

  DCC館さんは『作りにくい』を連発されてますので試してみました。デジトラはパッドが小さくて大変ですが部品のサイズ(SOT-353)なのでしょうがない、頑張ってハンダ付けしました。一方外部接続するパッドは何とかして欲しいです。ショットキーと定電流のダイオードはSMT専用で良いので、DIPのスルーホールのスペースを接続パッドに割り振ってもらえるとありがたいなと思いました。
  今月の30日、浅草で開催される鉄道模型市に出品されますので、実物を確認される事をお勧めします。メーカー市販の車両とデコーダでDCC化される方には便利(ある意味必須)なアイテムかなと思います。

Wirering

« 両極性化基板 | トップページ | 鉄道模型市 »

デコーダ」カテゴリの記事

コメント

早速試してもらいありがとうございます。
ちょと、配線用PADは小さすぎたかなと感じました。

>ショットキーと定電流のダイオードはSMT専用で良いので

了解です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604074/66578007

この記事へのトラックバック一覧です: 両極性化基板その2:

« 両極性化基板 | トップページ | 鉄道模型市 »