無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月19日 (月)

Mint solution

ケース組み込み

  ベルギーのメルクリンユーザーさんからミント缶のケース組み込み写真が届きました。当ブログ掲載の了解を得たので転載します。何かの空きケースでしょうか、ぴったりサイズです。左端に機能説明ラベルが貼られています。 右端の"snelheid"はスピード、Aanがオン、Uitはオフの意味でしょうか。

Img_0721

フィーダ線の勘合

  キット組み立て直後はロコが全く動作しなかったそうですが、電源をメルクリンに合わせた18Vに変更し、フィーダ線をターミナルブロックの仕様に合わせて被覆を剥き直したら、全て思い通りに動作したそうです。参考のためフィーダ線がターミナルブロックに噛み合う様子の写真も掲載します。被覆を剥く長さが9mm以上必要な事が分かります。

Tb401

2018年2月16日 (金)

ミント缶の有機EL選択

SPI OLED

  ミント缶を有機EL化するテストを行っていますが、4桁アドレスを縦倍文字で表示すると、およそ10msec間DCCパケットが停止します。これでは電源リセットが起こるデコーダも有り得るので、これを回避する為SPI版を試しました。

OLEDライブラリ

  OLEDのライブラリとしてメジャーなU8glibとAdafruitですが、メモリ消費量が大きくてミント缶スケッチを組み込む空きが無くなります。因みにAdafruitのテスト結果、"hello world"のみでもプログラム使用率33%、RAMが64%でした。なのでDSmainのOLED化で使われている軽量なOzOLEDライブラリをSPI版に改造します。購入したOLEDは5ピン全てを使うモードにジャンパされていました。3線SPIに変更するのは面倒なのでこのままで行きます。

3wire

ライブラリ変更箇所

  Adafruitライブラリを参考にしながらSPIに対応しました。DC、CS信号を使うので制御線の上げ下げを実行します。DC_PINでコマンドとデータの切り換え、CS_PINでSPI.transferとSPI.endTransactionの役割を果たす様です。

void OzOLED::sendCommand(byte command){
   digitalWrite(CS_PIN, HIGH);
   digitalWrite(DC_PIN, LOW);
   digitalWrite(CS_PIN, LOW);
   SPI.transfer(command);
   digitalWrite(CS_PIN, HIGH);

void OzOLED::sendData(byte data){
   digitalWrite(CS_PIN, HIGH);
   digitalWrite(DC_PIN, HIGH);
   digitalWrite(CS_PIN, LOW);
   SPI.transfer(data);
   digitalWrite(CS_PIN, HIGH);

  メモリ使用量はROM15%、RAM3%とAdafruitに比べて大幅なダイエットに成功しました。

実行結果

  およそ1.5msecで縦2倍4文字を表示出来ました。SCKは4MHzです。

Lcd_spi_streem

  時々画面が暴走するので、CS_PIN切り換えのタイミング調整が必要なようです。
いずれにせよ、メモリを節約してSPI OLEDで表示が出来る事が確かめられて一安心です。

Mintcan_spi

2018年2月 5日 (月)

ミント缶を電池で動かす

昇圧型DC/DCコンバータ

  aitendoで仕入れた大電流出力可変DC/DCコンバータ[M3608]です。ネットでは「在庫切れ」の表示ですが、店頭のワゴンセールで\199でした。
  単三4本をVinにしてポットを回したけど電圧が変わらず故障かと思いましたが、ポットのスライダーとCCWが繋がっていません。これがワゴンセールにした理由でしょうか。でも激安なのでお買い得でした。基板裏でジャンパしたら無事可変出来ましたので、ミント缶DCCコントローラの最低動作電圧10Vに調整しました。

Mt3608_lerge

負荷テスト

  Bトレ一輌とMP3デコーダを繋いでテストしました。

Img_1669

  電源電圧の変動や極端なリップルの増加はありません。出力インピーダンスが高めなのかMP3を鳴らすとサウンドと同期したリップルが現れますが、振幅は180mVから200mV程度で出力電圧に対し約2%です。
  電流を測定していませんので電池の持続時間は分かりません。定格の入力電圧は2V以上ですが単三2本ではミント缶単体を動かすだけでも出力が不安定になるので、4本使いにしました。

Sound_ripple2

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »