無料ブログはココログ

« ミント缶を有機EL化 | トップページ | ミント缶を電池で動かす »

2018年1月24日 (水)

スマイルZのコネクタ

TE互換のカードエッジコネクタ

  DesktopStationのYaasanさんからTEのコネクタそっくりさんのWingTATコネクタが届きました。
封筒から出て来たのは、なんとミント缶!  小物部品の送付用途も有りですね。勿論最終用途はコントローラケースです。

Img_1665

  既にスマイルコネクタ生みの親のスマイラーさんがレビューを公開されています。コンタクトの間隔が純正品より0.5mm狭いそうですので、基板厚0.6mmも行けそうです。師匠が『実用範囲と思える』と宣言されましたので、スリム系のデコーダーを目指す有志連には朗報です。
  激安のUSBasp互換器がスマイルライターに使えるなら、標準の基板厚1.6mmと1mm以下用に2セット用意してもさほどの負担にはならないかなぁと思いましたが、WingTATの足はスケアピンじゃなく0.7mm x 0.4mmの扁平でした。残念ながらピンソケットはスカスカです。

Img_1663

スマイルライター変換基板

  DSservoやR6nなどスマイルデコーダのバリエーションが豊富になり、スマイルコネクタでI/O拡張するスマイルエキスパンダーは不要になりました。今後はカードエッジコネクタ専用の基板に移行すべきかもしれませんが、数量がまとまらないと低価格化が出来なくて微妙です。□〇マーカーは基板に表記すれば良いですね。

Img_1664

« ミント缶を有機EL化 | トップページ | ミント缶を電池で動かす »

デコーダ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマイルZのコネクタ:

« ミント缶を有機EL化 | トップページ | ミント缶を電池で動かす »