無料ブログはココログ

« SALでミント缶を発送 | トップページ | スマイルZのコネクタ »

2018年1月22日 (月)

ミント缶を有機EL化

改造用基板の準備

  OLEDはAliexpressに発注しましたが、配送は当分先になりそうなので、秋月のピン互換品を使います。7SEG LEDのスルーホール左寄せでOLEDを取り付けます。

手順
1.  7SEG LEDをOLEDに交換する為に、Tr1、Tr2、R2~R8を取り外す
2.  Tr2のエミッターコレクタ間をジャンパーする
3.  R2とD2のGNDをジャンパーする
4.  R3とR2のIC1側(28ピン)、R4とR3のIC1側(27ピン)をジャンパーする

Image1

OLEDを取り付ける

  7SEG LEDの位置に秋月の分割ロングピンソケットを4ピンにカットしてハンダ付けしました。これにOLEDを差し込めば完了です。ピンソケット + ピンプラグで11mmですので、秋月のポリカーボネートケース117-中は上蓋が当たります。ALTOIS缶はぎりぎりクリアです。もう少し背の低いスペーサが有ればいいのですが。

Image2

テストスケッチ

  DSMeister_r6.inoのSetup()だけの表示で動作確認しました。無事スタートアップ画面が表示されましたので、これからじっくりミント缶スケッチへの移植を考えます。

ミント缶画面

  こんな感じにしてみました。

Mintcan4

« SALでミント缶を発送 | トップページ | スマイルZのコネクタ »

コントローラ」カテゴリの記事

コメント

良いですね!情報量も多く、使い勝手が増しそうです。
ミント缶2は有機ELが本命でしょうか。専用基板も期待してます。

ミント缶の画面も作ってみたので末尾に追加しました。文字位置のずれは、そのうち修正します。今はDCCコントローラとしての機能を追加しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604074/66311168

この記事へのトラックバック一覧です: ミント缶を有機EL化:

« SALでミント缶を発送 | トップページ | スマイルZのコネクタ »