無料ブログはココログ

« ミント缶は4桁アドレスの夢を見るか | トップページ | BトレもNjにの続編 »

2017年12月17日 (日)

BトレもNjに

Bトレの台車をNjに改造

  改造に使用したのはKATOの小形車両用台車 通勤電車1です。

11099

冶具

  近所のドイトで5mm厚の樹脂版は低発砲塩ビ板だけで強度が不安でしたので、バスコレ道路に使った1mm厚塩ビ板の端切れを5枚重ねて仕上がりの厚さは5.15mmでした。これに1mmと2.5mmのドリル穴を空けます。

改造

  1. 車軸抜きは片側は簡単に抜けましたが、反対側を抜くのに苦労しました。結局中空パイプをラジペンで強く握り、車輪を手で押さえてどうにか抜けました。

  2. 車輪の移動はM2ナットの厚みが1.5mmだったので此れを車軸に通し、ベンチバイスで押し込みました。『カチッ』と音がして軸が動いたらナットで止まるまでゆっくりバイスを締め込みます。
Vice

  3. 一番苦労したのは中空パイプのカットです。カッターに力を入れるとパイプが冶具から浮いてきて短く切り過ぎそうです。力を抜くと何時になったらカット出来るのかちっとも進みません。もう一度改造する時は冶具の上に0.1mmの金属板を乗せてハイパーカットソーで切ってしまおうかと思います。

Jig

  4. 台車枠はカプラーポケットを削らなければいけないかと思いきや、反対側の床板に固定する出っ張りが強度確保のためか6.5mm幅です。ここをアートナイフの先で丹念に削りました。カーブで車輪が当たって走行性が劣るかもしれません。

Cuppler

  どうにか削り終わって、改軌した車輪を取り付けてzゲージの線路に乗せてみました。負荷も無く直線上ですから転がりは滑らかです。車体に組み込んだらどうなる事か不安ですが、今日はもう手元暗がりで限界なので明るくなったら続きを再開します。

Onrail

« ミント缶は4桁アドレスの夢を見るか | トップページ | BトレもNjにの続編 »

車輌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BトレもNjに:

« ミント缶は4桁アドレスの夢を見るか | トップページ | BトレもNjにの続編 »