無料ブログはココログ

« 店頭でALTOISミント缶を発見 | トップページ | ステイショナリロコデコーダ »

2017年10月13日 (金)

7セグLEDドライバーのテスト

7SEG LEDドライバーIC

  電気屋の毎日のyaasanさんが 7SEG I2Cモジュールをミント缶DCCコントローラに使う事を提案されてます。http://powerele.sblo.jp/article/180453571.html
aitendoでTM1637Dチップを仕入れたので実験してみました。20ピンDIPで100円でした。Arduinoライブラリ"DigitalTube.zip"はキースキャンが出来ませんが、Arduino Forumにchmroさんのコードがアップされていましたので拝借しました。 https://forum.arduino.cc/index.php?topic=360318.0
TubeTab[]はDigitalTubeのデータに戻しました。またDigitalTubeをライブラリに登録したので、エラーが出ない様にクラス名をTM1637keyに書き変えました。 テストしたスケッチはDigitalTubeに付属するNumberFlow.inoで、0からFまでdisplay()で桁を移動しながら連続表示します。
ユーザズマニュアルで指定されている、CLKとDIOピンの10Kohmと100pは手抜きして取り付けていませんが、取り敢えず表示出来ました。

3桁7セグと1個のキーで実験

Img_1557

  display()関数は、桁を指定しないで表示データ配列のみを渡すと、複数の桁を一気に表示する様です。
キースキャンはSG1からSG8の8ビットをK1とK2で切り替えて、16個のキーを取得します。
uint8_t keypressed = tm1637key.keyscan();
スキャンデータは何も押さなければ255、K1-SEG1間に接続したスイッチを押すと247でビット3がオンです。おや、ユーザズマニュアルと一致しませんね。2バイトデータを1バイトにエンコードしているからでしょう。

« 店頭でALTOISミント缶を発見 | トップページ | ステイショナリロコデコーダ »

コントローラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7セグLEDドライバーのテスト:

« 店頭でALTOISミント缶を発見 | トップページ | ステイショナリロコデコーダ »