無料ブログはココログ

« DSblueboxのファームウェア | トップページ | ロクハンにワンコインデコーダを押し込む »

2017年7月18日 (火)

非対称DCCの動作テスト

  非対称DCCを生成するブレーキトラックボードの動作をレポートしていなかった様です。改めてご紹介します。

非対称DCC波形

Asymmetwave

ダイオード3個分で約2Vです。純正のBM1でも検出できない例が報告されていますので、あと1個追加した方が良かったかも知れません。

結線

Connection

  要点は、ギャップを設けたレール側をブレーキトラックボードに接続する事です。入れ子にすると非対称DCCになりません。

  Nuckeさんの日本型信号機デコーダの停止信号リレー出力をJ1またはJ2(上りと下り用に2CHあります)に接続します。

デコーダのCV値

  デコーダはLENZのSilver21+です。CV51=2でABC activatedを有効にします。CV51=10にすると自動往復運転します。 Silver21+版はCV115で非対称DCC検出感度を設定できます。出荷時の12では検出しない事があったので、CV115=6を書き込みました。

動作

信号が青なら通過します。

Through

DSmainの"Turnout"操作で信号機を赤にしたら停車しました。停車距離はCV52の Braking distanceで変更出来るようです。

Stop

  青にすると再び発車します。使用感は悪くありませんが、4閉塞を設置すると配線がごちゃごちゃしそうです。非対称DCC、在線検出、信号機を一体基板に押し込めばスッキリすると思いますが、汎用性が失われますね。 何よりも既存のスマイルデコーダが使えないので、プライオリティは低いです。

« DSblueboxのファームウェア | トップページ | ロクハンにワンコインデコーダを押し込む »

デコーダ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

非対称DCCって、イベントとしてデコーダは受け取れるのですね。いくつかデコーダを持っていますが、LENZ以外サポートされているメーカーはあるのでしょうか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非対称DCCの動作テスト:

« DSblueboxのファームウェア | トップページ | ロクハンにワンコインデコーダを押し込む »