無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

DSbluebox

  CVアレルギーの私ですが、遂にblueboxが『うちにもきたよ~っ』です。
実はバスコレとDCCのコラボで、サーボモーターの回転角調整のため頻繁にCV書き込みを行っていて、強く必要性を感じていたところでした。
キット内容はこんな感じです。部品チェックリストが入っています。ファームのレビジョンは4eでした。

Package

  既に大勢の方がキット組み立てレビューされています。これから入手を検討される方は是非一読される事をお勧めします。DSbluebox WiKiページはこちら。ページの最後に製作レビューのリストがあります。

要点は

  1. 電源スイッチのケーブル接続と、基板側のピンヘッダー(CN4)の取り付け
  2. タクトスイッチの取り付け
  3. LCDのコントラスト調整

の3点でしょうか。

  CN4の2Pピンヘッダーは一般に市販されているヘッダーと足の長さが異なります。

Pinheader

おかげさまでIC4の上にスペースを取るのが楽でした。少しIC4側に傾けたので、C3に当たるのを避ける事が出来ました。

電源スイッチはファストンタブを使う予定でしたが、両端ピンソケット付きのケーブルが付属していましたので、スイッチの端子に手持ちのピンヘッダーをハンダ付けしました。

Power_sw

  LCDのコントラストを調整せずに完成させると、LCDが表示されない時に焦ります。カバーを開けたまま電源投入してVR1を調整すると良いでしょう。
製作時間は全く気にせず、のんびり楽しみながら組み立てました。時々休憩を挟み、また前出の製作レビューやキット組み立てマニュアルを読み返したり、それでも半日くらいで完成。キットとしての難易度は標準的かなと思いました。

  動作テストは手元で唯一市販品のLenz Silver21で、"CV Read"から"Manufacturer"まで一通り行いました。負荷が軽いBトレ動力ですので、時々CV読み出しの失敗もありますが、設定は高速(Fast)のままでで特に不便を感じる事はありません。CVを書き込んで直ぐ動作確認が出来るのもとっても良いです。Factry Resetの実装が楽しみです。

Cv_read

2017年5月 9日 (火)

バスコレセンサー編

  2mm厚の道路は調子が今一なので、今日はドイトへお買い物。1mm厚の硬質エンビ板を購入しました。100均と違って鉄線のサイズが揃っていたので細目の4.5mmもゲットです。鉄線は0.7mmのまま交換してませんが、調子は良好です。

   で、次のステップ自動停止ですが、なんだか再現性が無いような、動きに納得出来ずバス単体で確かめてみました。
Photo_3

  一寸分かりにくいですけど、点灯するLEDが替わります。磁石の極性で変わるそうですが、実験では道路中央側で停止、歩道寄りで加速・減速でした。極性を反対にした方が良いですね。
  当然ですが、道路裏に磁石を設置すると前輪が反応して方向が変わってしまいます。反発しない極性にして、真上を通過させればなんとか直進しますが、停止と加速どっちに転ぶかは運次第です。前輪の通過を待って停止させれば良いのですが、S88コントロール無しで済む予定が狂ってしまいました。こう言う問題を自在に解決できるのがDCCの強みですが、配線が増えるのが辛いところです。

2017年5月 8日 (月)

バスコレ道路編

  走行するには、先ず道路が必要です。100均へ部材の仕入れに行きました。

Photo_5

  透明のスチロール板しかなくて、0.3mm厚のシートで代替えしましたが、表面がつるつるで嫌な予感がします。誘導線に0.7mmのスチールワイヤー、あと停車実験用に6mm径のネオジム磁石も一緒にレジへ。

  市販の道路はC103とC140でファイントラックと一緒です。最初に作ったR50の急カーブではステアリングに負荷が掛かってスリップしたり、脱輪が頻発しました(下写真左)。

Photo_3Photo_4

  ベースの板厚も影響が大きいです。0.3mmでは前輪が吸い付いてしまい、2枚重ねにしましたが、カーブが急な事もあって失敗です。

  手元にあった2mm厚の段ボールで、八の字を止めて小判型(上写真右、実測R65mm)にしましたが、板厚のせいか時々脱輪します。ガードレールを設置しないと転落事故が起きかねません。参考にしたサイトの1mmから1.5mmくらいが良さげです。

Photo_6

  段ボールのザラツキが丁度いい感じで走行は滑らかです。道路を印刷した紙を貼りたいですがスリップし易くなるので、印刷に不向きな粗い表面の紙が適している様です。

2017年5月 7日 (日)

バスコレ

鉄道模型市でバスコレの話題が出ていました。検索してみたらこんなサイトが....
面白そうなので買ってしまいました。

16f506

コントロール基板にはPICが乗っています。バス停で停車する為の磁気センサーが在るらしいのですが、基板を外さないと分かりません。

車体はホイールベースが違うBM-01とBM-02対応が2台セットになった、富士重工業7E/新7Eをゲット。だけど新7Eはセンターポールが邪魔して動力ユニットを組み込めません。

7e

「対応」という曖昧な表現なので、メーカーの責任が及ぶ範疇では無いのかも知れませんが、流石DCC否定派とあって改造に関する事には気配りしないのかと、つい嫌味を言いたくなってしまいました。今後、追加の車体は購入せずペーパークラフトにしようかと思います。

DCCで鉄道模型とどう混在させるか思案中です。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »