無料ブログはココログ

« ZXBM5210のポイントテストその2 | トップページ | 鉄道模型市の準備【ミニレイアウト】編 »

2017年4月 5日 (水)

鉄道模型市の準備【センサーレール】編

歩みがのろくて焦る日々です。ようやく重い腰をあげて、半径103mmのスーパーミニカーブレールに組み込んでみました。さすがにスペースに余裕が無く、道床の切り欠きと信号機レールボードとの結線作業で1時間を費やしてしまいました。

Finetrack_2

これでは実用にならないので、ファイントラックは諦めてユニトラック専用で設計変更する予定です。信号機レールボードの出品は見合わせ、センサーレールボードのみとします。

フジガヤ2さんのスケッチを1CHにカスタマイズしたスケッチを書き込み、車両を載せてセンサーの動作を確かめました。調整ポットに制限抵抗を追加した為か、S88 Control boardで実験した時より感度が低下して、検出できたのは反射板を貼った車両だけです。反射板有り/無しで列車を区別するには、減らし過ぎたIR_LED電流の再調整が必要な様です。また宿題が出来てしまいました。

Sonsor

« ZXBM5210のポイントテストその2 | トップページ | 鉄道模型市の準備【ミニレイアウト】編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型市の準備【センサーレール】編:

« ZXBM5210のポイントテストその2 | トップページ | 鉄道模型市の準備【ミニレイアウト】編 »