無料ブログはココログ

2022年5月 2日 (月)

wio terminalその4

一通りDCCスケッチで遊んだので、移植例が紹介されていたパックマンでゲームに戻ります。画像の商標を考慮してスケッチは未公開との事ですので、Wio Terminalスケッチのトレーニングになるかと思い移植にトライしました。


Pacman


記事に従って、SPI接続のILI9328をWio Terminal内蔵TFTに変更と、ボタン操作を 5Way Switchに変更する事であっさり動きました。「drawFastHLine() だけで抽画されている事に驚嘆」されていて確かに変更は簡単でしたが、抽画データーのアルゴリズムまで追うのは諦めました。トレーニングは放棄してしばらくは懐かしいパックマンで遊ぶことにします。

2022年4月22日 (金)

wio terminalその3

Wio Terminalでアクセスポイントを試す事は考えていませんでしたが、Arduinoライブラリ内に偶然 WIFI_AP の定義を目にして、seeedstudioを検索したら DNSServerの例が見つかったので、そのまんまTerminal-DCCスケッチに組み込みました。手持ちのプアな端末はDSairでは画面が乱れて操作が出来ないので、単純なテキストベースです。


Priori2


WiFI接続そのものも予定外でしたが、小さなWio TerminalではACアダプタとフィーダー線が邪魔で手持ちでの操作性が悪るそうなので、アクセスポイントに出来るなら便利かと思います。

2022年4月14日 (木)

wio terminalその2

スペースシューターに遊び疲れたので、DCCに戻す事にしました。

Space_shooter

wio terminalの analogWrite()は1.8kHzでアナログ運転は不向きだなと思っていましたが、arduino.ccフォーラムに"PWM Frequency"の発言リンクがあったので試しました。
TC4のA0、A1が都合良かったのですが、Grove端子にも出ているので拡張用に明け渡して、TC1を使うA2,A8にします。タイマーのpwmアサインはwio terminalホルダのvariant.cppに従いました。
基板設計のメインパソコンが壊れたので基板は作らず、ラズパイ互換の40pinロジック出力で確認します。クロックソースをDPLLの120 / 2 = 60MHz、プリスケーラは_DIV16、pwmの分解能を127にしたら、周期は34usec (29.4KHz) になりました。

Wio_pwm

arduino.ccフォーラムでは、データーシートに目を通すべき箇所、pinMode()は不要、デューティの変更はCCBUFでグリッジを避けるなど、有益な情報をたくさん得ることができました。

 

2022年4月 3日 (日)

ALTOISサイズ缶

互換缶


Aliexpressで購入しているALTOISサイズ缶ですが、ショップのレビューにもある通り、毎回へこみが目立ちます。12個入りの内1、2個なので10個入りと割り切っていますが、今回のは流石に缶だけじゃなく心もへこみました。


Mintcase


配送期間も不定で、ミント缶DCC頒布の大きな障害です。DCC活動もヘコむ一方です。

2022年1月29日 (土)

Wio Terminal

Wio 端末


Seeeedstudioの端末が、Desktop StationのYaasanさんから届きました。「遊び道具」との事なので遊んでみました。

Home_20220129130101 Loco_20220129130101


単に、ミント缶の画面をWio Terminalに表現しただけです。モータードライバーを繋いだら、手動操作の世界最小DCCコントローラが出来そうですが、ニーズは分かりません。
5 Way Switch は、端っこを押しても真ん中のPressが押されてしまい、横から押さなければならず、スピードコントロールはむずかしいかもしれません。

«C-SizeDCC 改訂版6