無料ブログはココログ

2018年8月11日 (土)

ミント缶Ⅳのケース その2

本命ALTOIS缶の例

  金属加工ですが板厚が薄いので穴明けやヤスリ掛けにさほど時間を要しません。むしろ油断して削りすぎに注意です。所要の寸法で丸穴を開けフィーダコネクタだけヤスリで角穴に加工します。一番面倒なのが上蓋の切り欠きなので、蓋が締まらなくてよければ省略します。 pdfファイル

Mintcan_template

Mintcan_template_2

ミント缶Ⅳキットの部品構成

  ALTOIS缶収納を前提に部品を選定します。117中樹脂ケース収納と部品の共通化は不可能です。樹脂ケース収納はサポートせず、推奨ケースはALTOIS缶のみとして部品を準備し、近々に頒布を開始する予定です。キットの頒布価格は4,100円で旧版より1,000円アップです。

2018年8月 8日 (水)

ミント缶Ⅳのケース

ミント缶Ⅳ基板をケースに収納する

  ミント缶コントローラに限らず、やっぱり基板むき出しのままでは操作性も精神衛生上もよろしくない様で、ケース収納を検討しました。推奨ケースは勿論ALTOIS缶ですが、入手性と加工に多少難ありなので樹脂ケースの収納を提案します。
  ケース加工を外注すると原価が3倍に膨れ上がります。ミント缶は安いだけが取り柄のコントローラにはしたくありませんが、あまり高額にすると入門用としての役割が怪しくなります。メーカー製のアナログパワーパックと同じ価格帯を維持して、DCCは高いという概念を払拭したいと考えています。

OLEDのピンヘッダー

  AliExpressで入手しているSPI版OLEDですが、予め7Pのピンヘッダがハンダ付けされています。標準のピンソケットに取り付けると基板面からの高さは13.5mmです。ケースの上にタクトスイッチが顔を出す様に基板の位置を決めるとOLEDが当たって蓋が締まりません。

10mmh

  秋月電子にはロープロファイルソケットなるものが販売されています。高さ5mmと3.5mmがありますが、5mmH(写真上)はコンタクトの向きが違っていて14ピンをカットすると7ピン一個しかとれません。これでは大量の廃棄物が出てしまうので分割可能タイプの3.5mmH(写真下)を使います。

Lowprofile

ここで大きな問題はOLEDのピンプラグを2.5mmの長さにカットしないといけない事です。更にカット面にバリがあるとソケットに入り難くなり、またコンタクトを傷つける心配もあります。組み立てキットには致命的で頒布を先送りしています。

6mmh

樹脂ケースに収納する例

  秋月電子で入手出来る西務良製の117中を加工する型紙です。

型紙をダウンロード

Template

  型紙を切り取ったら線を山折りしてケースに入れ、+の位置にポンチを打ちます。プリント基板の寸法精度と部品実装の関係で±0.5mm程度の誤差が出ます。先ず速度調整ボリュームの穴を開けてケースに収め、下穴との位置ずれを確認すると安心です。
  ボリューム穴で重要なのはシャフト下の小さな回転防止爪です。基板固定なので回転防止は不要なのですが、ここの穴を開けないとナットで固定した時に基板後部が浮き上がり、フィーダコネクタが型紙の位置と合わなくなります。
  実際に組み込んでみると電源スイッチは浮かしてハンダ付けしないと頭が出ません。

Mint_117t

2018年8月 5日 (日)

DCC用の電線

DCC用電線の配色

  デコーダの配線にはサイズが最適なサンコー電商の"AWG30 6色"を使う事が多いのですが、NEM651、NEM652共通の橙と灰色がありません。

6

電線の入手先

  DCC館さんがレポートされたタイガー無線。昔はオヤイデさんと同じくらい通っていた店ですが、近年はラジオセンターに立ち寄る事が皆無ですっかり忘れていました。久しぶりに覗いた店頭でAWG30の表記を見つけて速攻買いしましたが、帰宅して実測したら外形がなんと1.2mm。千石電商のAWG28より0.25mm太いです。三山電線製だそうですが、AWG表記ってこんなに差があるとは知りませんでした。
  導体構成は千石が0.1mm x 7、タイガー無線は0.09mm x 7。限りなくAWG28に近いAWG30です。そのうえ仕上がり外形はAWG28より太いなんて。

Photo_4

  サンコー電商さんは50m単位なら他の色を仕入れてもらえるそうですが、とても使い切る長さではありません。DCC配色は諦めるか、千石電商には無いけどAmazonで見つけたサンコー電商"AWG32 10色"を発注するかです。でもAWG32はちょっと細くて心もとないんですよね。

秋葉原からビッグサイトへ

乗り換えルート

  初めて"Maker Faire Tokyo"と鉄道模型コンテストへ行ってから今年で3年目。[日比谷線]ー[有楽町線]ー[ゆりかもめ]の順に乗り換えて行きますが、一年に一回の事で毎回乗り換え手順を忘れるので備忘録として残します。
  酷暑にも拘わらず二度も地上に出て乗り換えるサバイバルルートです。 秋葉原で仕入れを済ませたら〇×アキバ館。ここの模型売り場にもたまに行きますが、ほぼほゞ通販なので今日は横をすり抜けて日比谷線へ。この路線、人形町駅も通るので明治座隣の某輸入模型店に足を運ぶにも重宝しています。駅すぐ横にある店の人形焼きもお気に入りの一品です。築地駅で降りたら最後尾の入船橋方面出口へ。因みに30分以内なら下車扱いにならず通し運賃で済みます。
  改札を出て左に直ぐの階段にはこんな表示が。去年までは無かった筈です。利用者が増えて分かり易くしたのでしょうか。壁にルート図もあったのですがピンボケのため削除しました。

Photo

地上に出たら前方に見える入船橋交差点手前の信号まで歩きます。

Photo_2

横断歩道を渡ると有りました。新富町駅への降り口です。でもなんで、人多くないですか。

Photo_3

ゆりかもめは豊洲駅で乗り換えますが、こちらは迷う心配が無いので省略します。

2018年7月27日 (金)

ミント缶Ⅳにオプションモードを追加 その2

総括アドレス

  デコーダのCV19に7ビットのデータを書き込むと、その値をアドレスとして総括運転モードになります。この機能をミント缶Ⅳのオプションモードに追加しました。直接CVに書き込むのでは無く"Consist Control"パケットを送って、実際の動作はデコーダに任せる仕組みです。

Consist_mode

Lenz Silverでテスト

  アドレス3とアドレス4の機関車にそれぞれ総括アドレス5を書き込むと、以後は2台の機関車をアドレス5で同時運転出来ます。NMRA STANDERDにはCV19のMSB(bit7)で総括する進行方向を決定するとの記述がありますが、Lenz Silverはこれを無視していずれも双方向で動きました。ファンクションはNMRA規格上デコーダ自身のアドレスに応答する規定ですが試していません。ファンクションも総括したいときはCV21,CV22を設定しますが、Lenz SilverにはこのCVが存在しません。Lenz Goldには実装されている様です。

総括アドレスの取り扱いに注意!!

  総括アドレスが設定されているとデコーダアドレスでは動かなくなります。総括アドレスを0にすると総括モードを解除しますので、総括運転を終了したら即解除する事を強くお勧めします。これを忘れると、後でCV1のアドレスが合っているのに動かず悩む羽目に会います。入門用途のミント缶Ⅳとしては、かなり危険な機能と言えるかも知れませんが、DCCの奥深さを知ってもらうには面白い機能かなと思い敢えて追加しました。

スマイルデコーダの対応は?

  NmraDccライブラリを使用しているスマイルデコーダにはこの機能が有りません。ライブラリを眺めても該当する関数は見当たりませんでした。総括する機能をCVであれこれ設定出来るのでスマイルデコーダ向きかなと思っていたので残念です。但しNmraDccライブラリでは該当するパケットを Reserved扱いにしているので、改造はさほど難しくは無さそうです。

«ミント缶Ⅳにオプションモードを追加